目次

”ツヤ髪の持続”に必要な考え方

いつまでもツヤのある髪を持続するには、ある考え方が必要です。

  それは、ツヤのある髪を持続する為のケアを定期的に行う事です。   とても当たり前の事ですが、意外と気付かない事が多いので簡単にご説明します。   一般的に、美容室へ行く際に”ヘアカラー”や”カット”が重視されています。   ・髪が伸びたからカットしに行こう ・根元の色が気になるからカラーをしに行こう ・そのついでにトリートメントやヘッドスパを行う   このように考えるのが普通です。   しかし、ツヤのある髪を維持する為には   ・ヘアケアのついでにヘアカラー ・ヘアケアのついでにメンテナンスカット   このように考える必要があります。  

ヘアカラーの考え方

ヘアカラーの施術自体も   ・根元のみ染める ・毛先まで染める ・染めるペース(周期)   この辺りを”髪を傷ませない事”を基準にプランニングしていきます。   ツヤ髪のためのケアの一環としてヘアカラーを行う考え方です。  

メンテナンスカットの考え方

”カット”はヘアスタイルを作る為の技術です。   それだけでなく、キレイな髪を維持する為の技術でもあります。   髪は”のり巻き”のような構造になっています。   カットしたばかりの毛先は、断面がキレイな状態ですが、時間が経つと1本1本の毛先が広がってきます。   のり巻きで例えるなら、”ご飯”が外に出てしまい、”のり”がめくれ上がってくるイメージです。   放っておくと、この状態がどんどん進行してしまい、”枝毛”の原因にもなります。   髪の毛は約10万本ありますので「毛先が広がった髪×10万本」と考えると、全体のまとまりや見た目に大きな差が出ます。   定期的にメンテナンスカットを行うと、1本1本の毛先の広がりを最小限に抑えることができ、キレイな髪を維持することができます。     このように、ヘアスタイルを作る目的での”ヘアカラー・カット”と、ツヤ髪を維持する為の”ヘアカラー・カット”は目的が大きく違います。   特に大人世代にとっては、正しいヘアケアのサイクルが重要になります。   ツヤのある髪を維持する為のメニューはコチラ https://acot-salon.com/hair-color

この記事をシェアする

関連記事